Top > 無添加化粧品とは > 無添加化粧品の意味

無添加化粧品の意味

添加物とは、ナニかを製造する際に「添加する物質」のことです。
食品の場合は、甘味料や着色料、香料、そして保存料や防腐剤、酸化防止剤などがそれにあたります。
化粧品では「甘味料」などはありません。
保存剤や防腐剤などは添加されるケースがあり、一般的に、化学合成によって作られるものを「添加物」と呼びます。
具体的に例をあげると...

●タール色素などの人工着色料
●人工香料
●合成的な香料
●界面活性剤
●石油系界面活性剤

と、このような成分がそれにあたります。