Top > 無添加化粧品とは > 無添加化粧品のメリット

無添加化粧品のメリット

無添加化粧品のメリットを考えてみましょう。
これは、逆に言えば「添加物」のデメリットを挙げるとわかりやすいと思います。
たとえば界面活性剤というのは「水」と「油」の境界をなくす働きがあります。
もともと「別々で存在しよう」という「水」と「油」を同居させるわけです。
その「パワー」が、肌に対して「まったく作用しないか」というと、そういうわけではありません。
また、人工色素であるタール色素ですが、この原料はいわゆるコールタールです。
正確に言えば、「コールタールから得られるベンゼンやナフタレン、フェノールやアニリンといった芳香族化合物を原料として合成されたアゾ染料(酸性染料)」ということです。
もちろん、法的にも使用が認められているので、「害がある」というわけではありません。
けれども、「おともと石油から出来た合成物」を肌に塗ることに抵抗を覚える人も少なくないでしょう。

この「添加物」ですが、それぞれ目的や働きがあって加えられる成分なわけですが、そういう要素が増えるたびに、「肌への負担」も増えているという考え方があります。

「毎日肌につけるものだから、できるだけ肌への負担のない成分を」

そういう考え方が一般的になった今、「無添加化粧品」というのが多いに注目されているわけです。