Top > 無添加化粧品とは > 有名な無添加化粧品は?

有名な無添加化粧品は?

無添加化粧品、今では、そんなに珍しいワードではありません。
でも、「なに? それ」という時代もありました。

以前は、効率や価格が優先の化粧品も少なくなく、界面活性剤やいろいろな成分によって、「化粧品で肌を傷める」ということが半ば常識でした。

ファンケルなどは、その時代の流れに抗い、無添加を提唱したメーカーのひとつかもしれません。

ファンケルは創業が1980年。
創業者は、自分たちが作った化粧品を、最初は自転車で行商していたそうです。
もちろん、それだけで売れる量は知れています。

やがて通信販売を行うようになり、新聞に2段広告を頻繁に出稿するようになります。
そこで本商品を売るのではなく、まずサンプルを申し込んでもらい、
なにしろ製品を体験してもらう、という作戦をとりました。

こういったサンプル商法は今ではさかんですが、当時としては画期的でした。

その作戦が大当たりし、その後の大躍進となったののです。


さて、創業以来無添加にこだわるだけあって、無添加のシリーズもこれだけあります。

  • 無添加モイスチャライジングライン
  • 無添加エイジングケアライン
  • 無添加ホワイトニングライン
  • 無添加アクネケアライン
  • 無添加BCライン
  • 無添加FDRライン
  • 無添加メンライン


また、今では、化粧品だけでなく、健康食品や肌着、雑貨などにも手をひろげているようです。